ご覧のページは旧ウェブサイトのアーカイブです。
最新の情報は新しいIGESのウェブサイト (https://www.iges.or.jp/jp)をご覧ください。

You are viewing an archive, visit the current website for the latest information.
circular-economy

近年、循環経済(サーキュラー・エコノミー:Circular Economy)と資源効率は、気候変動とともにG7/G20プロセスや持続可能な開発アジェンダにおける中心的課題となっています。循環経済とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、 リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念です。


新着情報

OUR ACTIONS FOR A RESOURCE-EFFICIENT FUTURE: FOLLOWING UP G7 PROGRESS ON TOYAMA FRAMEWORK ON MATERIAL CYCLES AND 5-YEAR BOLOGNA ROADMAP
先のG7環境大臣会合で採択された富山物質循環フレームワークならびにボローニャ・5ヶ年ロードマップを踏まえ、G7資源効率性アライアンスの参加各国による資源効率性改善に向けた具体的なアクションに関するレポートの取りまとめを日本政府のイニチアチブのもとIGESが担当しました。
2019年6月11日

これまでの新着情報

    キーワード解説
  • Keyword 01:欧州の資源効率・循環経済(サーキュラー・エコノミー)政策の動向

    循環経済は、欧州連合 (EU)が2015 年に発表した循環経済政策 パッケージ「循環経済行動計画(Closing the loop-An EU action plan for the Circular Economy)及び各種廃棄物指令改正案」を契機に循環経済への関心は世界中で高まり、各種取り組みが活発化しています。議論をリードするEUの政策動向についてまとめました。



研究員の視点
出版物・メディア
日本水環境学会

『循環経済(サーキュラーエコノミー)の国際潮流 水分野との関連』(1.36MB 目次のみ掲載)
(水環境学会誌,Volume 41,No.10,pp.343 - 348,2018)

Policy Brief
プラスチックごみ問題の行方:中国輸入規制の影響と今後の見通し

2018年10月

Discussion Paper
「循環経済をめぐる動向:持続可能な社会への移行に向けて -SDGsとビジネス観点からの考察」

2018年7月

その他の出版物・メディア

関連イベント
日程 イベント名 場所
2019年
6月15日(土)
~16日(日)

G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合


主催:日本国環境省・経済産業省

長野

軽井沢プリンスホテル

2018年
10月23日(火)
~24日(水)

「第11回アジア3R自治体間ネットワーク会合」


主催:一般財団法人日本環境衛生センター(JESC)/環境省/横浜市/(独)国際協力機構(JICA)/(独)環境再生保全機構(ERCA)

横浜

TKPガーデンシティPremiumみなとみらい(5F ホールF)

2018年
10月22日(月)
~24日(水)

「世界循環経済フォーラム2018」


主催:日本国環境省/フィンランド政府イノベーション基金(SITRA)

横浜

パシフィコ横浜

ページの先頭へ戻る