ご覧のページは旧ウェブサイトのアーカイブです。
最新の情報は新しいIGESのウェブサイト (https://www.iges.or.jp/jp)をご覧ください。

You are viewing an archive, visit the current website for the latest information.
pub-media
出版物・メディア
日本水環境学会

『循環経済(サーキュラーエコノミー)の国際潮流 水分野との関連』(1.36MB 目次のみ掲載)
(水環境学会誌,Volume 41,No.10,pp.343 - 348,2018)

Policy Brief
プラスチックごみ問題の行方:中国輸入規制の影響と今後の見通し

2018年10月

Discussion Paper
「循環経済をめぐる動向:持続可能な社会への移行に向けて -SDGsとビジネス観点からの考察」
2018年10月

毎日新聞

「循環経済 生活に浸透 フィンランド」
2018年8月22日

BUSINESS INSIDER JAPAN

「マイクロプラスチック汚染と循環経済への大潮流:日本はなぜG7サミットで署名を拒否したのか」
2018年6月

世界的な問題として注目が集まるマイクロプラスチック汚染の最新動向と議論の展望について、堀田 康彦(持続可能な消費と生産領域 ディレクター/上席研究員)が解説しています。

「アジア太平洋3R白書」
2018年4月

本レポートでは、日本、中国、インド、タイ、太平洋島嶼国地域を含む11カ国と1地域(太平洋と諸国)の3R政策を共通の指標に基づき評価。持続可能な開発目標(SDGs)の「目標12:つくる責任つかう責任」に沿って、廃棄物の抑制、リサイクル、バイオマスの利用、海洋プラスチックの抑制、電子廃棄物の管理に関連して、アジア太平洋地域における廃棄物と資源効率性に関わる政策の進捗を確認し、廃棄物管理・資源効率をさらに改善するための9つの具体的な提言を示しています。

廃棄物資源循環学会誌

「EUプラスチック戦略と関連の循環経済国際動向」粟生木 千佳森田 宜典
Vol.29, No.4, pp.286-293, 2018

廃棄物資源循環学会誌

「途上国におけるEPR(拡大生産者責任)政策の展開」堀田 康彦
Vol.29, No.1, pp.42-48, 2018

廃棄物資源循環学会誌

「欧州の資源効率性・循環経済政策における指標と目標」粟生木 千佳)
Vol.28, No.6, pp.420-430, 2017

日経エコロジー(現・日経ESG)

「EUのCE政策を徹底解説 ライフサイクル別に推進」粟生木 千佳)
2017年12月号

DOWAエコジャーナル

その道の人に聞く「EUのCE(Circular Economy)政策」
2016年12月

日本LCA学会誌

「欧州を中心とした国際的な資源効率・循環経済の政策動向」粟生木 千佳
2016年第12巻4号

ページの先頭へ戻る