ご覧のページは旧ウェブサイトのアーカイブです。
最新の情報は新しいIGESのウェブサイト (https://www.iges.or.jp/jp)をご覧ください。

You are viewing an archive, visit the current website for the latest information.
神奈川県中小企業によるSDGs活用事例集TOP

神奈川県管工事業協同組合(海老名市)


goal6 goal11 goal17

災害に強く、持続可能な水道サービスの提供で、地域の安全と安心をまもる

神奈川県で水道工事を行う254の中小規模事業者を組合員とする組織である神奈川県管工事業協同組合は、管路管理の豊富な経験を活かして、安定した水道水供給に貢献しています。また、風水害や地震などの自然災害の際に最も重要となる水道インフラの復旧に会社の枠を越えてあたるとともに、他の地域の災害復旧へも現地支援しています。災害時における水道サービスの普 及は近年ますます重要性を増しており、組合員に対する研修の実施など協同組合ならではの事業を展開しています。また、箱根地区における全国初めての水道事業の包括事業委託においても、管路管理の実績や災害復旧時対応などのノウハウを基盤に参加し、官民パートナーシップによる水道事業運営にも関与しています。また、若手の育成、水道に関する普及啓発などにも力を入れており、次の世代まで続く持続可能な水道サービスの提供を目指しています。

「神奈川県中小企業によるSDGs活用事例集」TOPページへ戻る